使われている方式の違い

コピー機というとカラーやモノクロ印刷が可能な機械で、比較的大型なイメージが頭に思い描かれます。

家庭用の一般的なプリンターはインクジェット方式と呼ばれ、用紙にインクを吹き付けて印刷を行うのが特徴です。

対する業務用のコピー機はレーザー方式を採用していることが多く、家庭用のインクジェット方式とは印刷の仕上がりに違いが生じます。

レーザー方式ではインクの代わりにトナーと呼ばれる粉を用いて、熱や圧力を掛けて用紙に定着させます。

その為、乾くのを待つ必要があるインクジェット方式よりも印刷が速く、印刷コストが安く済むメリットがあります。

仕組みや構造上、コピー機は本体が大きいという欠点はあるものの、大量に印刷する用途においてはメリットが欠点を上回ります。

モノクロ専用のコピー機なら割とサイズは小さめですし、家庭でも無理なく設置して使えるものもあるほどです。
電気代やトナーのランニングコストは掛かりますが、低価格で本体が手に入る時代なので、小規模な事業所や家庭向けのコピー機が注目を集めています。

「コピー機の機能で業務効率化を図る!」のTOPへ戻る