紙詰まりを予防するには

コピー機は、事務仕事でよく使う代表的な機器です。どの企業のオフィスにも置かれており、クライアント向けの資料をアウトプットする際に活用されたり、社員向けの内部資料や社外秘の文書をプリントアウトする際に活躍します。

高品質なパンフレットやプレゼン資料をアウトプットできるのも、最新型コピー機の特徴です。そんな便利な機器ですが、天敵と言えるのが紙詰まりです。

印刷の指示を与えたにもかかわらず、コピー機が正しく動作しない、もしくはプリントアウトされた用紙がぐちゃぐちゃになったまま出力する等、紙詰まりのリスクは甚大といえます。

トラブルを回避するためには、給紙ローラーの点検が重要です。汚れが付着していると詰まりやすくなりますし、ローカー部品が経年劣化で摩耗していると、同じく紙詰まりの症状が起きやすくなります。

用紙をコピー機本体にセットする際も要注意です。コピー用紙が正しい位置にセットされていないと、印刷時に紙が適切に移動せず紙詰まりや故障のリスクを引き起こします。

「コピー機の機能で業務効率化を図る!」のTOPへ戻る