カテゴリー: 記事

デジタル派、紙メディア派

社内会議で使用する資料作成において、プロジェクターなどを使用するデジタル派とコピー機で資料を複写する紙メディア派がいることの衝突は時に免れないと思うようになりつつあります。実際にどちらも媒体としての観点から述べますと、長所短所があるのですから、シチュエーションや資料を利用する本人たちの好みや意志をもとに利用価値を考えるべきではないかなとも思えるのです。

実際に仕事の作業効率をアップさせる選択がどのような状況においても必要とされてくるとも考えますので、社内ルールのなかではデジタル派と紙メディア派のどちらも個人の選択に任せられるようなフレキシブルな環境づくりが最適であるとも思えるのです。

現実的には、SDGSの観点からもこのようなオフィス内における人びとの行動を考察していく必要性があるとも思えるのですが、アナログからデジタルへの生活の変化についていくのが精一杯であるといった現実問題も垣間見られます。

コピー機の寿命とお得なリース

コピー機を購入して使う場合、寿命が来ると定期的に買い替える必要が出てきます。調子が悪くなると修理を依頼する業者を自分で探す必要があるなど、仕事がある中で急に使えなくなってしまい困る方も多いです。トラブル発生時もメンテナンスをしてくれるなど、サポート面も安心のサービスを見つけて、リース契約をすることにより、寿命を迎えるタイミングでリース契約を終了して、新しい危機でリース契約を結ぶなど、安心して使える状態にできます。費用面でもリースを選択することでお得になるケースは多いため、情報をチェックすることも大事なポイントです。製品寿命も考慮したちょうどいいサイクルで、機器の入れ替えを考えた賢いコピー機の契約の仕方を考えていくことをおすすめします。

業務用コピー機は短期間ならレンタルとリースどちらがお勧め

結論から述べると業務用コピー機を短期間だけ使用したいという場合はレンタルがお勧めです。レンタルなら1日から好きな期間利用することが出来ますが、リースの場合は3年から7年の期間が決まってきて、5年くらいが主流です。つまりリースは短期での利用を前提としいないので、短期間だけ使用しようとしても割高だったり、借りることが出来ないケースが多いのです。基本的には短期間の利用ならレンタル、長期間ならリースがお勧めと言えるでしょう。長期間レンタルをすることも可能ですが、レンタルは中古品だったり、メーカーも選ぶことが出来ません。さらに長期間借りるとリースよりコストがかかるケースが多いので、利用する期間に応じてどちらを選ぶのかを決定して下さい。

コピー機のレンタルと柔軟な対応

コピー機を購入すると、自由に使うことができる一方で、故障の修理対応など、自分で進める必要があります。使えなくなってしまったときに困る方は多く、安心して使うことができる環境を整えていくことをおすすめします。

安心して使える方法として、コピー機のレンタルに注目することをおすすめします。初期費用を抑えつつ、サービス利用ができるメリットがありますし、アフターサービスもしっかりとしているサービスなら、故障などのトラブルにも丁寧に対応してくれるため、安心感を持てます。

修理や交換などの対応にも注目することで、安心してコピー機を使い続けることができますし、ビジネスを始めたばかりの経営者にとっても、初期費用を抑えられるメリットは大きいです。売り上げが不透明なためできるだけ固定費を抑えられるようにしたい方もたくさんいます。

また、在宅ワークが増えたことで、コピー機の利用が減った場合もあるため、柔軟に対応できるように購入以外の方法に注目です。

コピー機の定額サービスについて

コピー機のレンタルは珍しくありませんが、最近になって注目されているのが、定額サービスによるレンタルです。お店や企業など業務にコピー機が欠かせない業種を中心に、この定額サービスの利用が増えつつあります。ただしこれまでの一般的なレンタルと比べ、本当に定額サービスにメリットがあるのかは、サービス内容よくチェックする必要があるでしょう。というのも、サービスを提供する会社によっては、実際にはコピー用紙の枚数を制限していたり、レンタル更新の際に更新料の名目で料金がかかる、あるいは海外製の安価なインクでコストを削って定額を実現しているなど、定額サービスとは名ばかりのケースもあるからです。したがってレンタル契約をする前に、まずプランや契約の内容をよくチェックすることが肝心です。その上で一般的なレンタルと比べてどちらがコスト的にお得なのか、あるいはお店や会社のニーズに合っているのか、しっかりと比較し検討しましょう。

複合機で年賀状印刷をする時の注意点とは何か

なるべく手書きで年賀状を書きたいという人は多いですが、枚数が何十枚何百枚も送るとなると難しいです。そこで近年では複合機で年賀状印刷をしているという人も増えています。
では複合機で印刷をする場合、注意点は何かというと色々あるので詳しく見ていきましょう。まずインクジェット用紙を使用する事が出来ないという点です。何故ならこのタイプのはがきは、インクジェットプリンター対応で、表面にインクが付きやすいようにコーティングされているからです。
しかし複合機は熱を利用し塗料を紙に定着させる為、インクジェット用紙の年賀はがきを使用すると、そのコーティングが熱で溶けて機械のパーツにくっついてしまい、故障の原因にもなりかねないので注意しましょう。
またフチなし印刷をする事が出来ないという点もあります。フチがなくはがきいっぱいに写真やイラストが描かれている方が出来栄えとしては良いですが、複合機の場合印刷工程上それをする事が出来ません。
いくらパソコンでフチなしと設定しても、出来てしまうのでなるべくフチが目立たないような印刷を心掛けると良いです。

コピー機のランニングコストを節約する方法

ペーパーレス化が進められているとはいえ、オフィスにコピー機はまだまだ必須です。

しかしリースをしてもコピー機のランニングコストは馬鹿にならないので、少しでも節約したい経営者は多いでしょう。

コピー機のランニングコストを抑えるなら、設定しておきたいのは白黒印刷です。カラー印刷よりインク代を節約できるので、社内で使う資料などなら白黒印刷で十分でしょう。

また1枚の用紙に印刷するデータを多くするのも、ランニングコストを節約するコツです。使用する用紙の枚数を節約すれば、コピー機をリースしているときのカウンタ料金が減ります。

1枚にまとめるのが難しいなら、ページ集約機能を使うことによって簡単にまとめられるので、積極的に活用しましょう。

他にもリースをしているコピー機のランニングコストを減らしたいなら、印刷プレビューを使ってミスプリントを減らすなどいくつもあり、上手に搭載されている機能を使って節約してください。

「コピー機の機能で業務効率化を図る!」のTOPへ戻る